TITLE EROTICA SHOW
DATE 2017.12.28[Thu]
VENUE 東京 新宿club SCIENCE
TIME 開場 / 未定
開演 / 未定
TICKET 前売¥3,000
当日¥3,500
SOUNDWITCH
【SOUNDWITCH Biography】
大阪にてTwin,Dragonを中心に結成。関西中心に活動開始する。楽曲のみならず、演出・映像等も含んだ世界観で頭角をあらわす。活動初期にデモシングルCDを3枚制作。すべて無料配布ながら瞬時にソールドアウトとなる。2008年には東京でのライブ活動も開始し、同年7月にはクラブチッタで行われたフィメールボーカリストの祭典 “ADDICT XX”にも出演し大きく知名度をあげる。その勢いのまま初のアルバム制作にとりかかり2009年4月にファーストアルバム「WICCAHOLIC」をリリース。それに伴う全国展開のツアーによる各地での圧倒的なライブパフォーマンスに加え、Youtube等で配信されている「WITHOUT」のPVの評価もあわさりSOUNDWITCHの名は全国に轟くことになる。多くの支持を得た彼等はツアーの区切りとして2010年1月に大阪にて初のワンマンライブを成功させる。そして驚くことにこのワンマンライブでは未発表曲を8曲ほど披露し、その手応えとお客さんからの声にあとおしされセカンドアルバムの制作準備に入ることになる。またクラブチッタで行われた爆音の祭典”FAR EAST RAMPAGE”にも出演し”ADDICT XX”ではサブステージのトリをつとめ多くの喝采をえる。その後とまることなくライブをかさね様々なバンドとの共演や、激ロックFesへの抜擢など、バンドも大きく成長し、リスナーだけでなく各方面からその音楽性と存在感に支持をえたSOUNDWITCHは2010年10月にまさに渾身のセカンドアルバム「GROTESCA」をリリース。その後TOUR “GROTESCA SHOW” を全国展開。11月には東京にて70分ステージを大成功に納める。アルバムへの好リアクションと多大なる絶賛をうけ2011年も活動をさらに広げ加速する。2011年3月には、ながらく不在となっていたBassistにMatsubaiが正式決定して活動をよりアクティブに再開。5月にはファーストアルバム「WICCAHOLIC」のリミックスアルバム「WICCAHOLIX」をリリース。メンバー自身によるリミックスに加えクラブで活躍中のDJ陣やノイズ・エレクトロニカ系アーティストによる作品も収録。また「KISS ME KILL ME TOUR」としてCHAPTER ONE(鹿児島,福岡,大阪,名古屋,新潟,東京)、CHAPTER TWOとして台湾(台北,高雄)、CHAPTER THREEとして札幌を成功させる。また激ロックFesをはじめとして様々なバンドとの共演や、多種多様なイベントにも積極的に出演してその支持を多方面にひろげていく。2012年に入っても、更に積極的にライブ活動を続ける中、6月にはバンド活動への意識の相違がメンバー間で大きくなり、MayにかわりMaidenが加入となる。しかし止まることなく「GHOST OF GROTESCA SHOW」と銘打った全国ツアーを開始。このツアーは翌年2013年9月末までに55本を数えるツアーとなり、北海道から沖縄まで縦横無尽に駆け回り、ファイナル東京公演ではワンマンで大成功を収めた。この間にも自身の企画”暗黒DISCO””KISS ME KILL ME”と精力的に行っている。長期のツアーにもかかわらず新作のマテリアルを作り続けてきた彼等は、すでに未発表曲のみでのステージも可能なほどとなり、観客も初めて聴くとは思えない程のリアクションで、新作への期待は高まるばかりである。2014年3月、待望の新作「Romanesque」発表。それに伴う「ROMANCE OF THE KILL」ツアーは76本を数え北海道から沖縄、果てはNew York公演と大成功におさめる。なかでも2015年6月のツアーファイナル東名阪3公演では新曲4曲を含む全レパートリーを演奏するという圧巻のステージでRomanesqueリリースツアーの幕を閉じた。
ツアー終了後、前回のツアーより演奏を共にしてきたドラマーSharkがバンド活動の引退によりバンドを離れることになったが、新ドラマーとして驚異のティーンエイジャーYukiが加入。活動は止まることなく「HELL BOP SHOW」ツアーを開始。台湾でのフェス参戦を含む全36公演にあわせ「HELL BOP SHOW -SEVEN DEADLY SINS-」と銘打った東京2公演、仙台、名古屋、大阪、岡山、福岡での主催ファイナル7公演を大盛況におさめる。またこのファイナルでは福岡のCRACK HOUSEとのコラボTシャツを制作しこちらも大反響を得る。その後、新作マテリアルを中心としたツアー「SPEAK」を展開。新しい音源の制作がまたれるなか2016.11.19にNEW EP「ERORICA」の発売を決定。内容的には本ツアー内で披露されている新作群のなかより、エレクトロ系というよりも、よりインダストリアルロック、エレクトロゴシック色の強い3曲が選ばれ、それに加え1stアルバム「WICCAHOLIC」より初MVとなった「Without」を含むリメイク2曲との計5曲を収録。現メンバーで演奏される古いナンバー、これもSOUNDWITCHの進化し続ける魅力であることが充分に楽しめる仕上がりになっており、その多種多様な彼等のサウンドが縦横無尽にうねりまくる作品集となっている。今作品に収録されなかった曲達の発表も合わせて、今後のSOUNDWITCHの活動に要注目である。
新たなるフェーズへと突入したSOUNDWITCHには高まる期待のみしかあらず、その活動は全国、全世界へとさらなる展開へと進む。


【SOUNDWITCH Profile】
デジタルビートに絡みつくアグレッシブかつヘヴィネスなヒューマングルーブを支えるYuki(Ds)、Matsubai(B)、Dragon(G)のサウンドに縦横無尽に飛び交うMaiden(M)のギターとマシンサウンドが重なり作り上げる楽曲はネオインダストリアルゴシック、ネオEBMともいえ、その圧倒的世界観を作り上げている。また、楽器陣が作曲をほほぼ均等に行いプログラムも各々が担当しているのも多彩な世界観を構築しているのに影響している。それらの全てを支配する女司祭のごとくボーカルのTwinはそのグロテスクでありながらも妖艶な世界観に息吹を与え更なる深みを加えている。また見る物全てを圧倒し、SOUNDWITCHワールドに瞬時に引き込むそのライブパフォーマンスは他に類を見ない。全編英詩で歌われ、その活動の視野を世界にむけ始動したSOUNDWITCHの新楽章を聞き逃すな!

-November 2016



【SOUNDWITCH Profile - English】
SOUNDWITCH are a female fronted 5-member rock band formed in Osaka, Japan. Their English lyrics are poetic and their sound is industrial, electronic, and gothic.
They have released three, original full-length albums, WICCAHOLIC ('09), GROTESCA ('10) and ROMANESQUE ('14), as well as WICCAHOLIX ('11) a popular remix album. 

After performing at their first domestic festival, GEKI ROCK, SOUNDWITCH continued to perform at festivals both in Japan and internationally

September, 2011 - Taiwan (Taipei, Kaohsiung)
March, 2012 - United States (Pittsburgh - TEKKOSHOKON Convention for over 2,000 guests, and at the Hard Rock Cafe)
June, 2014 - United States, New York
July, 2015 - Taiwan (WAKE UP Festival, and in Taipei)

Their talent and ability to give power packed performances has garnered attention and praise from across the world. Ever since a member change up in 2013, SOUNDWITCH has performed more than 70 shows annually. 
Not only are they recognized for their diverse sound and musicianship, they have been noticed as artists through their consistent expression in the world of SOUNDWITCH. 

SOUNDWITCH has also actively released visual media from music and live performance videos, to instrument cam videos, which are viewable on YouTube. 

In November 2016, SOUNDWITCH released their latest work EROTICA, an EP with a special, limited venue-only release. 
Here, they show another face of their musicianship and create a sense of great expectation for their next release. 

Digital beat, entwined with aggressive and heavy yet human beats by Yuki (Dr.), mixing freely with the sounds of Matsubai (Ba.) and Dragon (Gt.) overlap and build with the creations of machine manipulator Maiden (M.) to create multi-layered compositions with an overwhelming world view. 

This powerful sound is guided by the voice of Twin (Vo.), who stands above all like a priestess over a complex ritual. Her voice breathes out a grotesque yet enchanting view of the world creating further depth to the total sound. 

SOUNDWITCH has evolved again, and their new phase is creating a rumble of excitement as their activities continue to progress both across Japan and out into the world.


【SOUNDWITCH Others - English】
■Matsubai
Bassist Matsubai, after taking a full-back tattoo of popular SHONEN JUMP comic book characters (Shupansha) created quite the stir on popular social networking sites Twitter, Facebook, ect. in August, 2014. ?Matsubai’s tattoo’s popularity even reached the attention of the popular Midori no Makibao comic book artist Tsunomaru, the headlines of Yahoo news, and popular blogging sites. His tattoo also caught the attention of foreign culture sites. 

■Yuki
Before joining SOUNDWITCH drummer Yuki, enjoyed YouTube fame as the 13-years genius drummer with his covers of major American and Japanese rock artists, such as Slipknot, Crossfaith, SiM, LasVegas, ONE OK ROCK, BABYMETAL, and of course metal giants, Loudness. 

■Twin
Find Twin on FM-Nirai (Okinawa, Japan) on her weekly Friday night radio program “Baku-on Friday Rock Rock Rock,” as she shares her unique view of the world, and introduces a wide variety of music to her fans on her popular corner of radio.